2007年03月25日

あっぱれ!鳥頭

鳥頭がモゾモゾと、何か私に言いたいらしい。
彼の話は、
「って言うかさ〜、かあちゃん、怒らない?怒るよね?やっぱ言わない。
じゃなくて、俺だってあやまれば許すつもりだったんだけど、
逃げるのが早いじゃん、俺、足遅いし・・」
と、全く要領を得なく、そのまま書くと読んでいる方が理解できないのは必須なので、
まとめると、

彼には遊び仲間のI君がいる。
I君の家ではロシアン・ブルーでカタカナのハイカラな名前の猫がおり、
「猫自慢」になった。
結果、
「ふくって雑種の捨て猫だろ」
「ふくって変な名前」
と、からかわれたという。

子供の言うことにいちいち腹を立てるなと諭すと、
「俺だって子供だ」
と、鳥頭のくせに正論をついた。

悔しい彼は、ふくちゃんが世にも珍しい瞳の持ち主だと主張したら、
「え〜、気味悪い」
と言われ、その瞳のため、耳が聞こえないのに平気だと誇ると、
「シンショー猫じゃん」
と、私がI君の母親なら頭を張り倒す暴言を吐いたという。

I君を庇うわけではないが、彼らの年頃は残酷で「シンショー」という言葉を、
悪ぶって使い、それをカッコいいと思っているフシがある。
ただ、私がパソボラをしているのを見ている鳥頭は、それが許せなかったのだ。

鳥頭は、
「ふくちゃんにあやまれ、あやまれば許す」
と、寛大に接したが、I君は、
「シンショー猫、シンショー猫」
と、連呼しながら逃げ、やっと追い詰めた鳥頭はI君をボコり、
I君は流血し、泣きながら家に帰ったそうだ。

「I君のお母さんから文句言われると思う。
医者代請求されるかもしれない。
ごめんなさい」

最終的にはこれが言いたかったのだろう。

私は鳥頭を叱るべきなのだろうか?

今日のふくちゃん

135.JPG

困ったお兄ちゃんでちね。
空手の黒帯が喧嘩したら、ママンが困るんでちよ。
でも、道場の師範は、
「シロートに負けるようなみっともない喧嘩はするな!」派でちからね。
ふくちゃん、知らな〜いっとでち。
posted by matatabi at 00:06| Comment(13) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
題名が「あっぱれ」ですからね。
mataかあさんとしては息子を叱りたくはないんでしょうねぇ・・。
でも「流血」ともなれば穏やかではありませんな。
向こうからなにか言われることはお覚悟していたほうがいいでしょう。
もしかしたら学校にもハナシが行くかもしれません。
(どんどん追い詰めている私・・・。)
ただ私は家族を守った鳥頭くんは間違ってはいないと思います。
方法が間違っていたカナ・・・。でも子供にはよくある話だし
その辺は大変ご本人も反省しているのだからして・・
母に打ち明けたのでしょう。
さて、この後どういう展開になるのか・・
第三者はオロオロ見るしかありませんがmataお母様ガンバ!!

あ、鳥頭くん映画「バッテリー」いいよ〜〜〜。
春休み中仲直りにI君と一緒に観に行くことを是非オススメします!

Posted by ぶぶんがぶん at 2007年03月25日 01:20
やるな〜鳥頭君!
サムママだったらぼこぼこにしてますよ、絶対!
そりゃ〜暴力はいけないって言われちゃうけど
『おめぇは言葉の暴力吐いてるだろ』って
I君をセイバイしちゃいますよ
手を出したことはともあれ
鳥頭君の心はまっすぐですな
鳥頭君もちゃんと自分を反省してるし
mataかあさんの育て方があらわれてますよ

昔は子供の喧嘩なんて、手を出して泣かすなんて
日常茶飯事だったのに、最近は親もうるさいし
学校の先生も体罰ってないみたいだし〜
でも昔そうやってぶったりぶたれたりして
友達になってたよねえ
I君もきっと鳥頭君に悪かったなあって
痛みとともに反省してるといいね
Posted by サムにゃん at 2007年03月25日 10:58
matatabiさんは素晴らしい息子さんをお持ちですね〜!
鳥頭君を誇りに思って良いのではないでしょうか?
子供の言うことだからといいつつも、軽く「シンショー猫」なんて言ってしまえるのがやっぱり恐ろしいなと感じました…
I君がそうだとは言いませんが、昨今の動物虐待事件なども
そういう軽い考えから起こっている様な気がします。
鳥頭君が黒帯でシロウトを流血させたことに対しては
相手に謝罪をきちんとして、その上で親御さんにケンカの原因はきちんと知ってもらうべきだと思います。
自分の息子が吐いた言葉を親がどう受け止めるかでその子の未来が決まるんじゃないかなぁ…?
ロシだってMIXだって可愛い猫には変わらないんですもの
同じ猫飼いのお母さんに期待したいですね〜!
鳥頭君はふくちゃんのことをキチンと理解して可愛がっているのね♪
それだけでも、ふくちゃんと暮らして良かったですね!
ところで…
何日か前にメールを送らせてもらいました〜
お返事はお暇なときで結構ですが、もし届いていなければお知らせくださ〜い!
Posted by rinko at 2007年03月25日 14:33
いい子ですねぇ〜
ホント、ふくちゃんに謝れ〜
ここは、正しいです。うんうん。
ポコッとしなければ悪くなかったんだけど、
ポコッとしちゃうと正しい事も薄れてしまいますからねぇ〜
ポコッとしちゃった事だけがまわりにインプットされちゃっていいことが薄れてしまう。
思いが伝わらなくなるのは悲しいなぁ〜
Posted by すなふにゃん at 2007年03月25日 20:52
☆☆ぶぶんがぶん様

くぴゃ・・。
ご指摘の通り、「あっぱれ!」と題を打っておきながら、
「叱るべきだろうか・・?」って、オイオイ白々しいぜ!
ですよね。
私も思考は間違っていないが、行動がイケナイ派です。
「顔は止めな、ボディにしな(by三原順子)」
を遵守しろと言いたい・・って冗談ですよ。

Posted by matatabi at 2007年03月25日 22:46
☆☆サムにゃん様

I君とは、今日も遊んでいました。
全く、子供の世界は大人と違ってシンプルです。
言いたいから言う。
遊びたいから遊ぶ。
オメーらには、本能しかないのか!と、言ってやりたいです。
でも、いつまでも根に持たないシンプルさは、
「引きずり女」代表matatabiとしては、見習いたいです。
Posted by matatabi at 2007年03月25日 22:50
☆☆rinko様

当選者にして頂いて有難うございます。
いやはや・・反省しきりです。
メールはアドレスをrinko様のサイトにカキコしておきました。
ふくちゃんと一緒に楽しみにしています。

私は「シンショー」という言葉が大嫌いなんです。
言う方は軽く言えるのですが、言われた方の不快感は
かなりのダメージで、子供だからこそ言ってはいけないと、
(意味も理解せず)鳥頭にも教えてきました。
結果、流血騒動になりましたがいっその事、学校で問題になり、
「シンショー」発言や動物虐待の話しまで発展してくれと、
願っています。
Posted by matatabi at 2007年03月25日 22:57
☆☆すなふにゃん様

「鳥頭は乱暴だから遊ばない」
と、つまハジキにされれば、彼も学習するでしょう
(するか?本当にするか?)。
結果がどう出るか、私もドキドキしているのですが、
春休み突入で、事件そのものが忘れ去られてしまいそうです。
Posted by matatabi at 2007年03月25日 23:06
あっぱれ!!本当に表彰したいくらいです!
世間一般の常識から言うと、こんなこと言っちゃイカンのかもしれないけれど。
私個人では、肉体的暴力よりも精神的暴力(言葉とかね)のほうが傷は深いと思っていますので。
そういうことを子供が言っているのを、親は知ってるのでしょうかね。
ま、すべてを把握するのはいくらなんでも無理でしょうけど、ふだんの生活からそういうことを言ったりしてるんじゃないのかなぁって思っちゃいまして。
雑種だなんだっていう話題をするあたりに、そのI君の家ではふだんから…と、よくないことを想像してしまいました。
ワタシは鳥頭くんを思いっきり褒めてあげたいです。
でも、親じゃないから勝手なこと言えるんですよねぇ〜。ゴメンナサイ(ぺこり)
あ、三原順子の教訓は守るべしですね!
Posted by なおきちどん at 2007年03月28日 00:17
☆☆なおきちどん様

三原順子発言をご存知の方がいて、嬉しいです。

I君の親御さんからは音沙汰が無く、もしかすると、
会話の少ないご家庭?
と、別な心配をしています。
が、これ幸いと、あえてこちらからお電話も差し上げませんが・・。
コトが大きくならないですんで、一安心しています。

Posted by matatabi at 2007年03月29日 22:03
よかったっす〜〜〜。
鳥頭くんとI君が仲直りしてなによりです。
確かにI君の発言はゆゆしき問題なのでしょうが
しょせんカレはまだ10歳越したところの子供なのですよ。
偏見ナシに受けとめるのはまだまだ幼いし我々大人だって
度々失言してしまってますよ。(大臣と呼ばれてる人だってそーだ!!)
ですんでmataお母様も許してあげてください。
向こうの親も案外ワケを聞いて「そらあんたが悪い!」とか
「こんな傷たいしたことない!自業自得じゃ」などと言われたのかもしれません。
ともかく鳥頭くん、まだまだこれからなんだわさ、
たくさんトモダチ(彼女もそう!)作って人を見る目を養ってくださいな。
ってまたまたおせっかいババアでした〜〜〜!
Posted by ぶぶんがぶん at 2007年03月30日 00:19
☆☆ぶぶんがぶん様

ご心配頂いて有難うございます。
私は「ママ友」が皆無に等しいので、アドバイス頂けると有難いです。
I君はね〜、「シンショー」が何の略語か分かっていないと思います。
I君に限らず、鳥頭の友達の殆どが分かっていないんじゃないかな・・?
他人とちょっと、悪い意味で違う・・という感覚で使っているようです。
例えば、サッカーでミスる、給食をこぼす・・そんな場面で使っています。
では、彼らに「シンショー」をインプットしたのは誰?
大人なんでしょうね。
私にはI君を責める気は毛頭ありませんが、I君の(子供の)
前で安易にそういった単語を使う大人は、間違えたフリして、
足を引っ掛けて転ばせようと、常々思っています(半分ウソ)。
鳥頭もI君も、「喧嘩」をしなくては「ごめんなさい」も
「仲直り」も覚えられないでしょうから、
流血しない程度の喧嘩もいいかな〜、と思っています。
おせっかいババア〜なんておっしゃらず、これからも
色々カキコして下さいね!!
Posted by matatabi at 2007年03月30日 23:45
ご無沙汰しちゃいました・・・

鳥頭くん、良い子に成長してますねっ
手を出しちゃったのは反省点ですが・・・
やっぱ「顔はやめな!ボディ!ボディ!」かしらって
そ〜じゃなくだよねっ
五体満足に生まれてきてるから健康な事の有難さが分からない・・・
でも、鳥頭くんは妹のふくちゃんの事をかばった優しいお兄ちゃんですねっ
これからの成長が楽しみですね
Posted by 樹茶ママ at 2007年04月03日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36772194

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。